初心者でもわかる着物と帯の基礎知識

日本人でも現在はきものに袖を通す機会は本当にすくなっているといわれる中、きものに魅力を感じる若い年代がいることも確かです。それでも日常的にきものを着る機会は圧倒的に少なく種類や着こなしに関する知識もないと、どうやって選べばよいのか迷ってしまうものです。中にはありえない組み合わせや着方をあえてすることで、斬新でファッショナブルな魅力を楽しむという人もいるのですが、日本人なら着物と帯の基本については一応理解しておきたいものです。堅苦しく考える必要はなくても、基本的な知識を理解することで様々な着こなし方が出来るようになり、より和服を楽しむことが出来るようになります。基礎があってこそ様々な応用の仕方が出来るのは、和服に関しても同じことが言えるものです。

着物の格と着てゆくのにふさわしい場所

和服姿をその場に適した格にすることは、その場をわきまえた装いのためにとても大切です。きものの格は上から正装、順礼装、略礼装、おしゃれ着、普段着という順番になっており、紋付や振袖、訪問着や紋付の小紋、付け下げや色無地、紬やお召し、木綿やウールの普段着などがそれに当たります。染めと織りの2種類があり、染めのほうが織りよりも格が上がります。また、浴衣は本来夏の普段着なのですが、お出かけ着になるような上質の生地のものもあります。洋服の種類にも着るのがふさわしい場所というものがあるように和服にも格の違いによって着るのにふさわしい場所というのがあります。そしてその格にあわせて帯もふさわしいものを選んで組み合わせることが基本的な和服の着こなしのルールです。

帯は着物の格に合わせて選ぶのが基本

きもの格と同じようにおびにも格がありきものとおびの格を合わせることが和装の大切なポイントです。おびにも染めのものと織りのものがあり、織りのほうが格上になります。最も格上なのが丸おびで表にも裏にも同じ様に柄があり礼装用に合わせることが出来ます。次が袋おびで振袖や留袖、訪問着や色無地などにも向きます。このほかにはちょっとよそ行きの装いに向く洒落袋おび、略礼装に向く織り名古屋おび、お洒落着用に向く染め名古屋おび、最もカジュアルな普段着用に使用される反幅おび、主に浴衣に合わせる兵児おびなどがあります。これらの格の分け方とその種類の特徴を理解すると、きものとおびの合わせ方を選ぶのが楽しくなって和装の装い楽しめるようになり、どんな場所に着ても恥ずかしくない装いができるようになります。

当社はきもの部門でもネットショップナンバーワンを目指し、すべてのきものファンのお客様に満足していただける品揃えを目指します。 メールでのお問い合わせは、24時間受付 お買い物は年中無休! 定番の着物から新たなスタイルのご提案まで、貴方の素敵な着物ライフを応援します。 圧倒的な品揃え、実績13年の信頼、きものネット通販No1です。 着物も帯も当社にお任せ下さい。