いろいろな着物と帯の紹介と購入方法

着物は日本の伝統衣装です。しかし、着付けには専門的な知識や技術力が必要となるので、和装を楽しむ機会も少なくなってしまいました。和服は洋服とは異なり、サイズが細かくわかれていないことや、柄に流行り廃りがあまりないことから、親から子へと受け継がれていくことも多々あります。小物のコーディネートを変えるだけで、親子で同じ和服を着ることも出来るのが和装の魅力です。着ているだけで姿勢がきれいになり、立ち居振る舞いも美しくなるのが和装です。また着ていくだけでその場の雰囲気が華やかになるのも特徴です。体型をカバー出来たり、着こなしを楽しむことが出来るので、おしゃれの一環として和装を楽しむのも良いでしょう。種類やコーディネートのルールなどを把握することで、正しい和装を楽しむことができます。

着物に合った帯の選び方のポイント

和服には、たくさんの種類があり、それぞれに格が決まっています。格によって着ていくことが出来る場面や、コーディネートする小物の格も変わってきます。最も格の高い礼装には振袖や黒留袖があります。金糸や銀糸を使った華やかな小物を合わせることで、全体的に華やかな雰囲気に仕上げることが出来ます。準礼装となる訪問着や色留袖は、二重太鼓を結んで華やかにまとめるのが一般的です。柄によっては披露宴への参加も可能な格になります。カジュアルに普段着として楽しみたい場合には、小紋や紬が良いでしょう。クラシックな柄があったり、カラフルなコーディネートを楽しむことができるのも特徴です。八寸名古屋などの簡略化された小物を合わせることで、より手軽に着付けが出来るので普段着に向いています。

着物と帯の購入方法とお得な購入法

和服は、ブランドや織り方などによって価値が変わってくるものです。中には高価なものもあり、洋服よりも高価なものが多いので、購入するときに抵抗を感じる人も多いものです。反物を選んで、体型に合わせて仕立てていくのが一般的で、呉服店でオーダーすることができます。お得に購入したい場合には、中古の仕立て上がった和服をチェックするのも良いでしょう。柄には流行り廃りがないので、中古の方がレトロな雰囲気のものがあったり、今では希少となっているものが格安で手に入ることもあります。インターネットでの購入も可能ですが、シミなど分かりにくい可能性もあるので、十分に注意書きなどをチェックして、現状を把握した状態で購入したほうが良いでしょう。安くても可愛いものがたくさんあります。