日本の着物と帯の歴史を紹介します

和服は日本の伝統的な服装で、古くから普段着として人々に親しまれて来ました。しかし明治時代になり、西洋のスタイルが入り始めると共に洋服が徐々に浸透していき、それと共に和服を普段着として着用する人は減っていきました。大正時代に入る頃には洋服が一般的になり、和服は特別な儀式の時に着るもの、限られた職業の人が着るものというイメージが現在も定着しています。しかし最近では、特に若い世代を中心に、普段着として和服を着て過ごすことを楽しむ人も少しずつですが、増えています。そうやって現在でも親しまれている和服ですが、最初から現在の形だった訳ではありません。その時の環境や文化に合わせて変化していき、今の形に定着しました。和服の歴史について説明していきます。

今の着物の原型ができたのは平安時代

太古の昔、日本は唐文化の影響を強く受けており、平安時代初期までは服装も唐風のものでした。しかし、だんだんと日本の風土に合わせて重ね着をするようになっていきました。この頃に平安貴族が下着として着用していた白一色の単衣が、現在の着物の原型になります。この頃貴族は座っている機会が多く、ゆったりとした動きにくい服装が中心でした。しかし鎌倉時代以降になると服装も動きやすくシンプルな形に変化していき、小袖が一般的になりました。さらに時は進み江戸時代になると、町人の生活が活発になっていき、柄や素材、小物類なども増えていきました。現在の和服に関する決まりごとの基礎は、江戸時代にできあがりました。その後明治時代に入り洋服が主流になるまで、和服は長く人々に着用されていきました。

現在の帯の原型ができたのは江戸時代

江戸時代頃まで帯は服装に比べるとさほど変化は無く、腰紐のようなものや、現在に比べてかなり幅や長さが短いものを、服を締めるために巻いていました。また、結ぶ場所も前後左右好きなように結んでいました。江戸時代中期になり、歌舞伎役者が女性らしさを表現するために、従来よりも幅が広いものを後ろで締めるというスタイルを始めた所、それが流行し、あっという間に町の女性の間で広まっていきました。その後、様々な結び方が考案されたり、柄の種類も増えていき、現在の帯の原型ができあがっていきました。当時は、結び方で既婚者か未婚の女性かが分かるようになっていました。またこの頃から、服を締めるための実用的なものではなく、服装を美しく見せるためのものに変わっていきました。江戸時代後期〜明治時代の頃に、現在のような後ろ結びで、結び方が統一されました。