着物に合う帯の選び方を分かり易く解説します

和服を着るとき、大きな悩みどころの一つとなるのが、帯。幅が太く、柄も色々な種類がありますので、当然、着物の柄や、その人自身の雰囲気、また年齢などによっても、合うものは変わってきます。特に注意なのが、それぞれを単体で見ているとどちらもそれぞれに綺麗なところ。いくつか見て、一番気に入ったもの同士をいざ合わせてみると、どうも合っていないということが多くあるのです。せっかく和装をするならば、美しい組み合わせで、且つ自分にちゃんと似合っているものを着たいもの。和服を選ぶ際、気を付けると良いこと、ここをおさえておけば安心というポイントなどをいくつか、ご紹介いたします。和装の機会が訪れたときの参考の一つとして覚えておくと、お洋服選びと同じように、楽しめるものになるかもしれません。

金系、銀系の色味ならば、合わせやすい

帯にも色はありますが、着物本体ほど色数が豊富というわけではありません。ベースになっている色として最も多いと言えるのが、金、銀系のものになります。振袖、留袖、訪問着など、色々な種類がありますが、大体どんなものにも合わせやすいので、覚えておくとよいでしょう。合わせたときの雰囲気としては、金系を選ぶと、華やかで豪華なイメージ、銀系を選ぶと、もう少し控えめで、涼やかな、金系よりも少ししまった雰囲気になるかと思います。実際に体にあてて鏡でも見てみたうえで、しっくりくるものを選びましょう。もし、外で写真を撮る予定などがあれば、写真映えは金系のほうが良いでしょう。ですが、ご自身がこれと納得できるものが一番ですので、あまり気にしすぎずに選んでいただいて問題ありません。

柄はメインを引き立ててくれるものを

着物を着たとき、一番目を引くのはやはり、前に来るメインの柄です。帯を選ぶ際には、どんなものにあわせるにせよ、その柄を引き立ててくれるものを選びましょう。柄にも色々ありますが、よくあるのは花柄や、大きな波のような模様、幾何学模様などです。ベースには金や銀があり、模様にははっきりとした色が入っている、というものも多く、生地やメインの柄に近い色が入っていれば、雰囲気を壊さないでしょう。勿論、柄の雰囲気が近いもの(同じ花が入っているなど)を選んでもOKです。メインの柄に対し、派手になりすぎないものを選びましょう。また、着る時には背中でお太鼓や飾り結びにしますので、試着の際は、お腹と背中の両方にあて、柄の映え方を確認すると良いでしょう。振袖などは思い切り豪華にできますので、柄のはっきりしたものをあてると、後姿がとても華やかになります。